2019年 盲導犬出張授業の実施について

感想/反省・今後への改善点などは下記の通りです。

来年度においては、反省点を良く認識し、より良い授業にしましょう。 

 本年度は、これまで最多の16校から申し込みをいただき、それら全てに応えることができた。
児童の皆様の多くは、視覚障害者や盲導犬について関心が高く、良く学習されている様子であるが、街で出会った際の対し方については、単に話に聞くだけでなく、デモンストレーションを交えた実演講習により実際に体験することによって自信を持ってできるようになるとの感想が先生方および児童からも多く出され、授業の趣旨および内容が適切であったと理解している。
一方で、反省点として、ボランティア参加したロータリークラブ会員の授業中の態度については、適切でなかった事例も散見され、次年度においては、ボランティア参加者への心得に注意事項を明記し、再発防止を徹底することとします。

 

© 2017 Tokyo Minato Rotary Club